スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジのかけ過ぎにご注意

FXを勉強していると、さまざまな専門用語が飛び交っていて、その聞き慣れない用語一つ一つを理解していくことが必要になってきます。

基本の用語では、レバレッジ、スワップ金利、マージンコール、ロスカットなどがあり、どれも見ただけでは何のことだか想像もつかないような用語ばかりではないでしょうか。

この中の「レバレッジ」という言葉を取り上げてみましょう。レバレッジとは日本語で「てこの原理」という意味になります。

てこを利用して小さい力で大きいものを動かすということで、FXのレバレッジとは、少ない資金で大きな金額を動かすことからレバレッジという名前がついたそうです。

FXはこのレバレッジが大きな魅力と言っても過言ではないでしょう。

FXでは証拠金を担保にして、その10倍、100倍といった外貨取引きが可能になります。これをレバレッジ効果というそうです。

また、「レバレッジをかける」とか「レバレッジ○○倍で取引をする」という使い方をします。

1ドル=100円のときに、1万ドルを買うためには100万円が必要になりますが、レバレッジ10倍で取引きすれば、10万円の証拠金で1万ドルが買えることになります。

当然レバレッジを高くすれば、更に大きな額を動かすことが可能になりますが、儲けの可能性と同じ大きさのリスクも生じることになります。

ハイリスク・ハイリターンを頭に入れて、しっかりリスク管理をしながら、自分に合ったレバレッジを選ぶことが大切ですね。

>> FX専門 情報商材レビューサイトへ

スポンサーサイト

FX自動売買が人気を集めているようですが・・・

FXの自動売買システムが最近人気を集めているようです。

FXの自動売買とは、市場がどのように動くかといった「市場の規則性」に従い、あらかじめ登録されたプログラムに従い、文字通り自動で売買を行ってくれるシステムです。トレードに裁量、余計な感情が入らない点は非常に有効であると言えます。

パソコンをチェックできないビジネスマンや、FXの相場分析力のある投資家だけでなく、それ以外の投資家の方も、取引き方法の一つとして自動売買を考えてみるのもいいかもしれません。

ただし、運用前には必ずテスト売買を行う必要があります。残念ながら販売されているシステムは全てが優良であるとは限らないからです。デモトレードを行い、十分に検証を行ってからリアルマネーでの運用を始めるべきです。

>> FX専門 情報商材レビューサイトへ

FX業者が増えてますが…

最近新しいFX業者が目に付きます。FX自体歴史が浅いので、最近ようやく世間に浸透してきたのですが、少ない資金でハイリターンが可能なことや、低いコストで外貨取引ができるということで人気が高まっていますね。

実際には始めていないが興味を持っているという方も多く、これからますますFXの投資家人口は増えていくのではないでしょうか。

ただ残念なことに悪質なFX業者が存在しているのも事実です。大手のFX業者などは心配ないのでしょうが、中小規模のFX業者の中には、しつこく電話をするなどして強引な勧誘を持ち掛けてきたりするところもあります。

もっと最悪なのは顧客の証拠金を抱えたままの倒産…。

2005年の法施行後、ほとんどの悪質なFX業者は淘汰されたようですが、自分が取引きをしている業者が怪しいと思ったら、すぐに取引きを中止してFX業者を変えた方が賢明かもしれませんね。

FX投資って

FXとは、外国為替証拠金取引のことです。

これは、証券会社に預けたお金を外国為替に買えて保有してFX証券口座を作り、証券会社に管理してもらい、利益が出たらその証券を利用してお金に変えるという物です。

もちろん投資ですのでリスクもありますが、実際には上手く運用すれば一月で100万円以上の稼ぎに転じた人もいて、今ではサラリーマンから投資運営の会社を築いたという人も雑誌で取上げられているほど、夢のある投資術です。

今の時代ですから、誰もが自分で資産運用を考え、人気に拍車がかかっているわけですね。今ではOLやサラリーマンにも大人気のFXですが、くれぐれもリスクがあることは忘れずにある程度の知識、ノウハウを身につけてから臨まれることをお勧め致します。

PageTop

レビュースペースへGO!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。